洋服を処分する時の基準とは。捨てる服と残す服の選び方。

ドレス 買取

洋服を処分するのはとても難しいですよね。
思い入れのある洋服やお気に入りの洋服を捨てるのは忍びないものです。
でも、着ることのない洋服を持ち続けているのはスペースの無駄遣いになってしまうだけです。
そこで、洋服を処分する際の基準についてまとめてみました。

 

まず、捨てたほうが良いのはこんな洋服です。

 

@自分の体型に合わない洋服…「痩せたら着られる」と思うと捨てづらいものですが、痩せたらご褒美に新しい洋服を買えばいいだけです。今着られない洋服は処分してしまいましょう!
A流行遅れの洋服…当時は人気だったデザインも流行が過ぎてしまうと着られませんよね。高かった洋服の場合は捨てるのに勇気がいりますが、持っていても二度と着る機会はありません。
B今着ても似合わない洋服…買った当時は似合ったのに、今着るとなんだか似合わない。そんな洋服も処分の対象です。似合う色やデザインは年齢とともに変わるもの。今の自分に合わないなら処分しましょう。
C1年間1回も袖を通さなかった洋服…1年間着なかった洋服は来年も着ることはありません。思い切って捨ててしまいましょう。

 

逆に、このような洋服は残しても良いと思います。
@コーディネイトしやすい洋服…色々な洋服と組み合わせて着られる洋服はとても重宝します。着回しがきくアイテムは活躍する出番が多いので残しましょう。
A着ていて気持ちが明るくなる洋服…心がときめく洋服は自分との相性が良いアイテムです。無理して捨てる必要はありません。

 

このように、捨てる洋服と残す洋服の選び方をはっきりさせれば、悩むことなく洋服を処分出来ます。
クローゼットがすっきりすると気持ちが明るくなりますよ。
早速クローゼットを開けて、洋服の整理を始めてみませんか?